Statement

MA [em-ei]

Born in Yamanashi Japan, currently resides in Tokyo.

After graduating from an art college in 2007, he went to London, England for a year.
During his stay in London, he began working as a graffiti writer under the name “MA” and continued his activities after returning to Japan.
While he follows the general graffiti style of spray-painting letters, he also uses stencils, posters, and trompe l’oeil elements, as well as political messages, to create his own serious and nihilistic style of expression.
In 2009, during the U.S. presidential election, he sampled artist Shepard Fairey’s “HOPE” poster of former President Obama and replaced it with a poster of former Prime Minister Taro Aso and “GONE” at the end of the LDP administration. The posters were put up around town and were featured in Newsweek magazine, which led to an interview with a news journalist and the publication of photos of the work in AFP BB NEWS, Telegraph, EL MUNDO, Daum, and other web media in various countries.


You can see some of MA’S outside works from link below.
“2009 ~ 2013” REPRINT ZINE Free Download

On February 24, 2012, his 27th birthday, he held his first solo exhibition “BORN IN JAPAN” [F*** you, I won?tdo what you tell me ] as a statement of his activities and has continued to work as an artist ever since.

His works range from realistic oil paintings, spray paintings using stencils, and “drip letters” inspired by his own graffiti on the streets, to collages using both analog and digital media based on magazines, photographs, drawings, and text and combines them to create his works.
In all of these methods, he uses “collage” as the base of his thinking and as a tool for exploring his subconscious.
In addition to general collage, which involves cutting and pasting visual images such as photographs and drawings, he also defines “collage” as the act of cutting and pasting (i.e., drawing) textual information from various sources.

His original theme was “Japan after World War II, Japanese, capitalism, and Tokyo” which sent out a direct and strong political message.
However, after the birth of his daughter in 2019, the theme that he has been putting at the base of his work since then is “As long as we are alive, we cannot remain innocent, and while accepting this human species and the world we have created, and the countless contradictions therein, as they are, if neccesory I will strongly resist and continue to prove that I am alive.”

In 2022, he launched the children’s clothing brand “GUL” with viii, who also manages an apparel brand. And he does all the artwork and design. The brand name “GUL” means yellow in Swedish and evokes images of sun, light, and hope.

He also provides artwork and collaborates with musicians with “friends” who have been similarly influenced by HipHop, one of the most important aspects of Afro-American culture, which has had the greatest influence on him.

-Artwork and art direction for rapper Tao’s first album “Lost Identity” (2010)
-Various artworks and designs for rapper B.I.G. JOE and his label (2010~2011)
-Artwork for UAE industrial music label Bedouin Records (2016)
-Artwork for Ryo Murakami’s industrial/dark ambient album “Esto” (2016)
-Artwork and art direction for noise band Endon’s live album “MAMA IN CONCERT” (2016)
-Artwork and art direction for Endon’s second album “Through the mirror” (2017)
-Artwork for Endon’s music video “Boy meets girl” (2018)
-Artwork for rapper Elle Teresa’s music video (2022)
-Collaboration with HIPHOP producer Bohemia Lynch (2022)
-Artwork for “Trouble” by rapper KOJOE x producer Bohemia Lynch (2023)
-Artwork and art direction for rapper DOGMA’s single, EP, and music video (2023)
etc.


1985年 山梨県生まれ 東京都在住

美術系大学を2007年に卒業後、イギリスロンドンへ一年間の短期留学。
そのロンドン滞在時からMAの名でグラフィティライターとしての活動を始め、日本へ帰国後も継続して活動。
スプレーで文字を描く一般的なグラフィティのスタイルは踏襲しつつも、それだけにとどまらず、スプレーでのハンドライティングの他、ステンシル、ポスター、それに加えてだまし絵的要素や政治的メッセージを織り交ぜた、シリアスでニヒリスティックな独自の表現スタイルで活動。
2009年、ポスター/グラフィティがNewsweek誌に掲載されたことをきっかけに、ジャーナリストのインタビューを受け、AFP BB NEWS, Telegraph, EL MUNDO, Daumなど各国のウェブメディアで彼の作品の写真が掲載。


一部アウトサイドでのワークスを収めたジン
“2009 ~ 2013” REPRINT ZINE Free Download

2012年2月24日の自身の27歳の誕生日に初個展「BORN IN JAPAN”[F*** you, I won?tdo what you tell me ]」を活動の声明とし開催して以来、アーティストとして活動を続けている。

油彩での写実的表現から、ステンシルを用いてのスプレーペイント、自身の街でのグラフィティから着想を得たペンキで描かれる「ドリップレター」など、各種油性塗料を主に使用したペインティング作品、そして雑誌、写真、ドローイング、文字等を元にアナログとデジタルの双方でのコラージュ作品、またそれらを組み合わせて作品制作をする。
いずれの制作方法においても「コラージュ」を思考のベース、潜在的意識を探るツールとして用いている。
写真や絵などのヴィジュアルイメージなどを切り貼りする一般的なコラージュは勿論の事、様々なソースから文字情報を切り取り、貼り付ける(=描く)という行為をも「コラージュ」と定義づけ制作をしている。

元来のテーマは「第二次世界大戦以降の日本・日本人、資本主義、東京」で直接的で強い政治的メッセージを発してきた。
2019年に娘が生まれた事をきっかけに、以降の根底に置いているテーマは「生きている限り無垢ではいられない、この人間という種や作り出してきた世界、そこにある無数の矛盾、そのありのままを受け入れながらも、必要とあらば強く抗い、生きている事の証明をし続ける」である。

2022年より子供服ブランド「GUL」をアパレルブランドを経営するviiiと共に立ち上げ、全てのアートワークの制作を行なっている。ブランド名「GUL」はスエーデン語で黄色を意味し、太陽、光、そして希望をイメージさせることから名付け、「子供達がこれから歩む未来が、希望に満ちた愛のある世界がであってほしい」という想いを込めている。

また自身が最も影響を受けたアフロアメリカンの文化、その重要な一つであるHIPHOPに同様に影響を受けた「仲間」を中心に、音楽家達へのアートワーク提供やコラボレーションも行う。

・ラッパー道(Tao) の1stアルバム『Lost Identity』アートワーク提供、アートディレクション (2010)
・ラッパーB.I.G. JOEとそのレーベルへの各種アートワーク提供(2010~2011)
・UAEのインダストリアル音楽レーベル Bedouin Recordsへのアートワーク提供 (2016)
・インダストリアル/ダーク・アンビエント Ryo Murakamiのアルバム『Esto』へのアートワーク提供 (2016)
・ノイズ・バンド EndonのLIVEアルバム『MAMA IN CONCERT』アートワーク提供、アートディレクション (2016)
・ノイズ・バンド Endonの2ndアルバム『Through the mirror』アートワーク提供、アートディレクション (2017)
・ノイズ・バンド EndonのMV『Boy meets girl』へアートワーク提供 (2018)
・ラッパー Elle TeresaのMVへのアートワーク提供 (2022)
・HIPHOPプロデューサー Bohemia Lynchとのコラボレーション (2022)
・ラッパー KOJOE x プロデューサー Bohemia Lynchの『Trouble』へのアートワーク提供 (2023)
・ラッパー DOGMAのシングル曲、EP、MVへのアートワーク提供、アートディレクション (2023)

btt